媚薬と排尿障害と総合薬の利用について

一般的に排尿障害とは正常に尿を出す事が出来ない状態の事を指します。
例えば、尿もれ、失禁などは勿論、排尿時に痛みを感じるのもその症状の一例として挙げる事が出来、実際に治療する場合は医薬品を利用したりする事も珍しくありません。
その時に利用する医薬品の中には媚薬に似た効果があると言われている物もあります。

媚薬とは、それを服用する事によって性的興奮を高める効果が期待出来る物です。
とはいってもその効果の出方には個人差があり、例えば風邪を引いた時に市販の総合薬を利用する人がいますが、様々な風邪の諸症状に対応する様に作られているため、強い効果を感じられないと言う人も少なくありません。
また普段から全く薬を服用していない人の場合は効きが弱い薬であっても効果を感じる事が出来ますが、普段から何かしらの薬を利用している人はどうしてもその総合薬では変化を感じられないと言う事もあります。
媚薬も総合薬も実はその人の体質等によっても効果の出方が大きく違っており、人によっては高い効果を感じる事が出来る場合もありますが、どの人も同程度の変化を感じる訳ではないと言う事を知っておく事が重要です。

現在、世の中には沢山の薬が流通しており、その中には最初の目的以外の効果が発揮される物も珍しくありません。
また似た様な効果がある薬を併用する場合は、その有効成分を過剰摂取してしまう可能性もあります。
安全に薬を利用する為には媚薬や総合薬の中には何が含まれているかと言う事を調べる事が重要です。
また重複する成分が有る場合は安易に利用するのをやめて、自分の体の調子や変化の様子などに気を使いながら服用し、何らかの問題が発生した時は服用を取りやめて病院で診察を受ける方が安心できます。